ゲームブラザーズ

今知りたいゲーム情報から今夜聴きたいゲームミュージックまで幅広くサポートする多人数運営ゲーム総合ブログ

今知りたいゲーム情報から今夜聴きたいゲームミュージックまで。多人数運営ゲーム総合ブログ!

tox2_1.jpg
対応ハード:PS3/発売日:2012年冬/価格:未定(本体同梱版も用意)

本日、PS3用ソフト「テイルズ オブ エクシリア2」が発表されました。
カウントダウンサイトで"X"の文字を強調していたのは、この事だったのか!!

舞台はエクシリアの1年後。主人公は「ルドガー・ウィル・クルスニク」
物語の鍵を握る少女「エル・メル・マータ」が「ルドガー」にどう関わってくるのか?

a4dab18b.png


また、主題歌は前作に引き続き浜崎あゆみさんが起用されました。
ナンバリングにした理由も気になる所です。

主人公の名前が「クルスニク」なのも何か繋がりありそう。
ロゴに「ルドガー」と思われる人物が2人描かれてますが、13-2のロゴのような・・・

40b61fb3.png


詳しい情報は後ほど明らかになると思います!随時追って紹介します。

sega_poke.png

6_1_1.png

Facebook WiiU公式ページで、米国任天堂が新たな投稿をしました。
伏字にしてタイトルを推理してね、というアメリカンでワイルドな粋な計らい。

レジー「WiiUにリソースを割きすぎて、3DSタイトルの供給が追い付いてないんだぜぇ~。
ワイルドだろ~。」(※アメリカンジョークです)

スクラッチ箇所が3つあることから、WiiUロンチの任天堂作品は3つ以上になりそうですね。
NewスーパーマリオブラザーズMii辺りは確実かな? ここにピクミン3も来れば鉄壁!




■ 3DS「真・女神転生 Ⅳ」が始動!

6_1_2.png

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!

荒廃された都市などを舞台にしてきた、元祖SFRPGが3DSに登場!
およそ9年ぶりとなる新作発表にわくわくしたファンも多いと思います。

2画面は3D探索型のゲームに非常に向いているんですよね。
上画面でFPS視点で探索し、下画面でメモや装備変更 etc.

さらに3D立体視のおかげで奥行きが把握しやすいので、
もうまさに3DSはメガテン(ダンジョン型)に打って付けのハードだと思います。

ティザーサイトでは何やら渋谷が映っていますが、相変わらず酷い荒れっぷりw
また今回も東京の名所が破壊されてしまうのか?! 久しぶりの新作に燃えます( `・ω・´)

sega_poke.png

dd_20120531230101.png

1 ドラゴンズドグマ[PS3] 302,040 302,040
2 マリオテニス オープン 101,645 101,645
3 うたの☆プリンスさまっ♪ Debut 61,376 61,376
4 ドラゴンズドグマ[360] 29,024 29,024
5 マリオパーティ9 20,820 380,763
6 アイドルマスター アニメ&G4U!パック VOL.8 16,670 16,670
7 ファイアーエムブレム 覚醒 14,642 391,345
8 十三支演義 ~偃月三国伝~ 11,627 11,627
9 モンスターハンター フロンティア オンライン フォワード.4 9,893 9,893
10 スーパーマリオ 3Dランド 9,858 1,595,096
11 G1グランプリ 9,821 9,821
12 シュタインズ・ゲート ダブルパック 9,223 9,223
13 モンスターハンター3(トライ)G 7,849 1,458,658
14 マリオカート7 7,648 1,720,566
15 俺の妹がこんなに可愛いわけがない ポータブルが続くわけがない 6,753 59,929
16 エルミナージュ ゴシック ~ウルム・ザキールと闇の儀式~ 6,169 6,169
17 サムライ&ドラゴンズ 6,072 6,072
18 シュタインズ・ゲート 比翼恋理のだーりん 5,397 5,397
19 虫姫さま 5,135 5,135
20 ペルソナ2 罰 4,885 29,431

TOP20に新作タイトルが13本!ピンクのマーカーがびっしり引かれていますw

ドラゴンズドグマは両機種合わせて33万本!
新規タイトルとしては非常に良く売れてます。まずはハーフ越えですね( `・ω・´)

携帯機では7年ぶりとなるマリオテニスオープンは初週10万本となりました。
Wi-Fi対戦で長く遊べる定番タイトルとして長期販売に期待!

3位にはうたプリが登場!アニメ終了後でもファンの灯火が尽きる事はなかった!
ブロッコリーの代表作として今後もさらに成長していきそうです。

5_31.png

p_4.png

このページのトップヘ