ゲームブラザーズ

今知りたいゲーム情報から今夜聴きたいゲームミュージックまで幅広くサポートする多人数運営ゲーム総合ブログ

今知りたいゲーム情報から今夜聴きたいゲームミュージックまで。多人数運営ゲーム総合ブログ!

F1000027.jpg

ども、たろうさん同様パンフレットに配属(?)されましたイッキですw


早速ですが、ゼルダの伝説スカイウォードソードの新小冊子の配布が始まっています。

F1000026.jpg

主にクラブニンテンドーで集計したユーザーの声通常パッケージの宣伝が追加されているようです。
25周年記念パッケージにはゴールドカラーで紋章入りのWiiリモコンプラスがついてきましたが、通常版には
通常カラーであるシロのWiiリモコンプラスがついてきます。
(CDはどちらのパッケージにも付属さているようです)

また、初代~スカイウォードまでのソフトの紹介もありました。

F1000024_20120403195416.jpg

ちなみに、発売当初のパンフレットと言えばこちらです。サイズも大きめですね。
F1000025.jpg

CMにも出演していた栗山千明さんと中川翔子さんが起用されています。

最近はこのように以前配布していたにも関わらず、新しいパンフ・小冊子で再び宣伝というケースも目立ってきていますね。
・・・まぁ、こういうことがあるので新作発売前後じゃなくても、お店覗かないといけなくなったんですけどねw

ゼルダの伝説 スカイウォードソード スペシャルCD付き Wiiリモコンプラス(シロ)セットゼルダの伝説 スカイウォードソード スペシャルCD付き Wiiリモコンプラス(シロ)セット
(2012/01/31)
Nintendo Wii

商品詳細を見る

z_7.png

super_rob_1.png

今週木曜日に発売が迫る「第2次スーパーロボット大戦Z 再世編」
1年ぶりに登場するスパロボ本編に多くのファンが胸を高ぶらせています。

20年続く長寿シリーズ「スパロボ」の僕が思う魅力を語ります。




○ユニット改造で自分だけの“お気に入り機体”が作れる
DSC_0046_convert_20120403122018.jpg

シミュレーションパートで稼いだ資金を好きな機体に投資する事が出来ます。
これがスパロボの醍醐味ですね!どんな機体でも改造次第でいくらでも強くなります。

例えば、相手の攻撃を避ける能力を高くしたい時は「運動性」
打たれ強い強固な機体にしたいなんて時は「装甲」に資金を投じます。

運動性MAXにすれば相手の陣地にお取り役として突っ込ませたり、
自分だけの戦闘スタイルを改造によって作り上げる事が出来ます!



○原作を知らなくても次第にその作品を好きになる
super_rob_2.png

勿論、原作を知っていた方がより楽しめるのは確かだと思います。

マジンガーZしか知らず(それもかじった程度)にスパロボデビューした私ですが、
プレイしていくうちにみるみる他作品のキャラも好きになってしまいました(笑)

スパロボはクロスオーバー作品なので、たくさんのロボットアニメが
同じ世界で戦います。
その為、難しい事は抜きにして「地球を守る」という単純だけど壮大なテーマが描かれます。

だからプレイしているこっちも一緒になって熱く燃えてしまいますw
気付けばお気に入りのロボットを独学で勉強するほどに・・・(笑)



スパロボシリーズは長寿シリーズだけあり、原作を知らないと楽しめないと
思われる方が多い事が新規ファンが入り辛い要因だと思います。

ですがシステム自体は通常のシミュレーションRPGと大して変わりません。
原作を知らなくても楽しめた僕みたいな人もいると思いますw


super_rob_3.png

どのスパロボからデビューしても、きっと好きな機体を見つけて、
気付けばスパロボの虜に・・・なんて事があるはず。是非一度遊んでみてください!


z_4.png

DSC_0041_convert_20120402224117.jpg

早速、本日発売の桜井政博さんのコラム本2冊 購入しました。
帯がピンクとブルーで色鮮やかで好きです!前作の「思うことX」より目立ちますね(笑)

毎週コラムを読んでいる方には新鮮味は薄いですが、カラーページでパルテナの
開発途中の画像が掲載されています。それだけでも手に取る価値あると思います!

また、ARおドールカードが各巻それぞれ2枚ずつ封入されています。
コンプリートを目指している方はこちらの2冊は欠かせませんw



<おまけ>
DSC_0045_convert_20120402231445.jpg DSC_0044_convert_20120402231235.jpg
帯を取るとそこにはふくら氏の姿が・・・!

z_4.png

このページのトップヘ