ゲームブラザーズ

今知りたいゲーム情報から今夜聴きたいゲームミュージックまで幅広くサポートする多人数運営ゲーム総合ブログ

今知りたいゲーム情報から今夜聴きたいゲームミュージックまで。多人数運営ゲーム総合ブログ!

Vol.2なんてつけちゃってなんだかコラム化させようとしてますが、今回もゲームミュージックお勧め紹介ということで皆さんに個人的なお勧めゲームミュージックを紹介していきたいと思います。

あくまでも、個人的なですので僕の好みになっちゃいますがその辺はご了承ください。

このコラムの名前・・・これでいいですよねw分かりやすいし
毎回3曲更新する記事として定着させたいと思いますw更新は不定期で!

じゃ、早速今回も3曲紹介したいと思います!(曲名をクリックするとYouTubeの方にとびます


esdigital_4902370512687.jpg
The valedictory elegy
バテン・カイトスⅡ 始まりの翼と神々の嗣子 より)

発売された当時小学生だった僕が見た印象では任天堂にしては変わったソフトだなぁと。それもそのはず、元は任天堂じゃないんですよね。
曲の方は勢いがあって好きです。なんかこう・・・動かなきゃ!って気持ちになりますよね。
後は、バイオリンだと思うんですけど、とにかく綺麗なのにも関わらず激しい!ドッスンさばくもそんな感じの曲でしたが、同じ理由でこちらも好きですね。



giftpia.jpg
astro
ギフトピア より)

これまたGCで異色なソフトです。
曲の方ですが、クリックしてもらえば分かると思いますが・・・なんとゲーム音楽関係者とかゲーム音楽を題材に・・・とかではなく普通にアーティストの曲を使っているみたいです。
もしかしたら、元々知ってるって人もいるのかな?
聴いてるとどこか懐かしい感じがして、あのピコピコ音もいいですよね。聴いてるとハマりますw

ゲーム内に実際に歌が使用されることは珍しくありませんが、実際のアーティストの曲をそのまま使用ってのは任天堂発売ソフトでは結構珍しいですよね。
ピクミンもストロベリーフラワーさんを起用していますし、ちびロボ!はCMでグリーングリーンという曲を使ってましたね。



xenoblade.jpg
ガウル平原
ゼノブレイド より)

何かと名作と話題なゼノブレイドからの楽曲です。未プレイですが、それでもこのガウル平原という曲名を耳にするくらいBGMの方も評価が高いソフトです。

とにかくこのソフト、フィールドを歩ってるだけで気持ちよさそうです。このBGMも壮大でなんだかスケールの大きいゲームがやりたくなってきますw

ゼノブレイドに関してはサントラも発売されていて、ガウル平原以外にも良曲はたくさんあるみたいです。



以上3曲紹介しました!
今回紹介したこの3曲、ある共通点がありまして・・・。

この3つのソフト全部未経験なんですw

僕の場合BGMを聴いてそのソフトが欲しくなるってことも少なくないんですが、上記の3つもそのパターンになりそうです。
ゼノブレイドに関しては発売当初からずっと欲しいと思ってたので、その内友達に借りてやってみたいと思います。


次回はまた3曲・・・今回とは毛色の違う曲を紹介したいと思います!

wakyairoiro.png

バテン・カイトスII 始まりの翼と神々の嗣子バテン・カイトスII 始まりの翼と神々の嗣子
(2006/02/23)
NINTENDO GAMECUBE

商品詳細を見る


ギフトピアギフトピア
(2003/04/25)
NINTENDO GAMECUBE

商品詳細を見る


Xenoblade ゼノブレイド(特典なし)Xenoblade ゼノブレイド(特典なし)
(2010/06/10)
Nintendo Wii

商品詳細を見る


E3で公開された「ニンテンドー3DS」タイトルの映像を振り返るコーナーです。
今回は『ペーパーマリオ(仮題)』です!

2012y06m10d_230536737.jpg

■戦闘も謎解きも「シール」がカギを握る!

今作ではフィールドの色んな場所で「シール」を入手することができるようです。
民家の壁や柵に貼ってあったり、草やブロックの中に隠れていたりなどなど、入手方法は様々!


今作の戦闘はどうやら「シール」を選んで戦うようですね。
どんどん選択して使い捨てる感じでしょうか?
詳しい仕様は分かりませんでしたが、たくさん集めておくと戦闘中に有利になりそうですね。
ペーパーマリオシリーズは毎回戦闘スタイルが凝っているところに意欲を感じて良いですね!

ペパマリe32


特定の場所で、そこに合うようなシールを貼ることで「謎解き」のような要素も見ることが出来ました。
そしてこのゲームは、上記画像のシーンのような、3Dの演出が凄いですね!
キャラクターが紙という世界観にマッチしていて、ひょっとすると一番3Dを活かせているゲームなのかもしれません!


今回参考にしたムービーはE3公式ページまたは、ニンテンドーeショップで映像をダウンロードすることが出来ます。
ダウンロードした映像は3Dで見ることが出来ますよ!↓のQRからどうぞ

2012y06m10d_230025501.jpg

z_5.png


今年の任天堂のE3では「Wii U」が主役でしたが、
「ニンテンドー3DS」の新作タイトルの続報も見逃すことが出来ません!

ここでは『ルイージマンション2』、『ペーパーマリオ(仮題)』、「Newスーパーマリオブラザーズ2』
の3タイトルを、徹底的に考察しようと思います!
ただ、1つ1つが長くなってしまうので、3日間に分けて更新しようと思います!

LuM1.jpg

■1つ1つを丁寧に作れらてそうな『ルイージマンション2』

海外版タイトルは『Luigi's Mantion:DARK MOON』と決まった『ルイージマンション2』
今回公開されたトレイラーでは見どころが沢山ありました!

先ず、新要素として部屋を覗いて「3DS本体」を窓に見立ててジャイロ操作をする要素が追加。
映像では部屋の中でお化けが様々な行動しているところを覗く事が出来ました。
もしかしたら『スーパーマリオ3Dランド』のように、覗く事でちょっとしたイイコトもあるかもしれない!?

LuM2.jpg

アクションの面でも、ファミ通さんの記事によるとAボタンで溜めてお化けの後ろから驚かす事で
より有利に吸い込めると言った駆け引きを楽しめるようで、ゲーム性の向上にも期待できそうです!

映像の最後でルイージがエレベーターに乗るシーンがありますが、ルイージの行動に人間味があって面白いですね!
特に、ボタンを連打しているシーンが筆者のお気に入りですw
このように、ルイージのリアクションを楽しむ要素もあります(笑)



一見こじんまりとしたゲームに見えてしまいそうですが、
前作と違いマンションが複数あったりボリュームアップを図っていたり、
上記で解説したような、丁寧な作り込みに期待できそうですね!

なお、今回公開されたトレイラーは、E3公式ページまたは↓のQRコード(eショップ)から見る事が出来ます!
eショップでダウンロードする映像は3Dでみることが出来ますよ!
2012y06m10d_221435814.jpg

z_5.png


このページのトップヘ