ゲームブラザーズ

今知りたいゲーム情報から今夜聴きたいゲームミュージックまで幅広くサポートする多人数運営ゲーム総合ブログ

今知りたいゲーム情報から今夜聴きたいゲームミュージックまで。多人数運営ゲーム総合ブログ!

sipatepak.jpg


『新・光神話 パルテナの鏡』が発売されてから1週間が経ちましたね。
ディレクターである桜井政博さんのTwitterで、フォロワーからの質問に答えているようです。
ここでは、質問と回答の一部を引用してみようと思います!
(※こちらで編集している文章もあります。)



Q.桜井さんは初期の設定のまま対戦していらっしゃいますか?
A.私は奇跡の発動をAボタンにしています。移動しながらで使えますので。
十字の上にして、左親指で押すこともありました。


Q.CPUと練習してても神器や奇跡のプレゼントはあるんですか?
A.なくはないですが、価値などはフレンド6人とやったほうがズバッと上がります。
また、サボっているともらえません。


Q.自分は神弓フォーチュンを使いたいですが、融合で欲しいスキルをもつ武器を作ろうとすると他武器になり、
なかなか弓に辿り着けません。コツはありませんか。

A.神弓フォーチュンができる組み合わせを知り、その元となる神器を目指すこと。
親、その親とさかのぼれば、選択肢が増えます。


Q.マルチプレイにて、実際に倒したわけでもないのに点が入るというのはどういう仕組みですか?
A.撃墜を助けた人に援護ボーナスがありますよ。 


Q.耐久力ギリギリの時に攻撃を受けると、
ブレイク状態にならずいきなりヤラレちゃうことがあるのですがどうでしてでしょうか?

A.ブレイク範囲を超える強いダメージを受けたり、ブレイクし過ぎの場合にそうなります。


Q.章枠の緑と黄色の違いが分からない
A.ホンキ度扉なども含め、完全にクリアできたところの色が変わるようになっています。


Q.パルテナの跳弾についてですが、どうなれば成功なのでしょうか?
A.空中戦、滑空姿勢で敵弾にかすると発生します。ホンキ度が低いとかえって難しいです。


Q.射撃防御や打撃防御は、全防御よりも軽減してくれてる気がする。
そうです。防御に限らず、特化したものはより強くなっています。


Q.神器は融合を繰り返して強くなると聞きましたが、回数を重ねればいいことがあるのでしょうか?
A.回数は見ていません。およそ(A+B)/2+αで、αのボーナス値は元の価値が低いほど高くなりがちです。



他にも様々な「パルテナ」の情報をツイートされてるそうなので、気になった方はフォローしてみては?

新・神話パルテナの鏡公式サイト
桜井政博(@Sora_Sakurai)on twitter

z_5.png

sakurai.jpg

対戦ゲームの金字塔を生み出したゲーム業界のカリスマ 桜井政博さん。
週刊ファミ通にて連載中のコラムを凝縮した2冊が来月2日同時リリースされます。

「作って思うこと」はパルテナ製作秘話やスマブラ関連のコラム集ですね。
「遊んで思うこと」は洋ゲーなどもプレイする桜井さんのゲームライフをちら見出来ます。


「思うことX」のみ所持してますが、桜井さんのゲームの見かたは
自分の着眼点とは違っていて、色んな側面から分析しているんですよね。

そういう部分を自分も見習いたく、今回の2冊も購入して参考にしたいと思います。


桜井政博のゲームを遊んで思うこと (ファミ通BOOKS)  桜井政博のゲームを作って思うこと (ファミ通BOOKS)

z_4.png

アメリカで4月6日に発売される、「Xenoblade Chronicles」。
それに合わせて、ニンテンドーオブアメリカの公式サイトでキャラクターアートが公開されました。

ゼノブレイドクロニクル キャラアート
http://nintendoeverything.com/85379/xenoblade-chronicles-screenshotsart-2/
xeno_1

序盤から登場する主要人物や、ストーリーのカギを握るキャラクターまで幅広く公開されているので、ファンには堪らないですね。
ただ、伝説の勇者リキ様がいないのは穏やかじゃないですよ。

このゲーム、自信をもってオススメ出来るゲームとなっています。
日本では既にXenobladeとして2010年に発売されているので、気になった方は是非公式サイトなどチェックしてみてください。

ゼノブレイド 公式サイト
http://www.nintendo.co.jp/wii/sx4j/




海外で放映されているCMと発売当時に日本で流れていたCMを比べるのも面白いですね。

プレイした身からいうと、日本のCMではゲームの面白さはあまり伝わっていなかったのではないかと思います。
自分の中にあるゼノブレイドのイメージと、このCMから受けるイメージは噛み合わないんですよね。

海外の方では、勢いで見せてる感じがあり、アメリカを感じます。
最後の、昼・夕・夜がババッと変化していくカットはゼノブレイドらしく素晴らしいですね。


海外CM




日本CM



z_2.png

このページのトップヘ