gboshigame2016

2016年も明日で終わり。 振り返ると長くなってしまうのでここでは省略しますが、
本当に色々なことがありました。 それはまた明日のゲーブラ総括記事にて。

そんな本年も、沢山のゲームを紹介 してきました。
 ⇒ 2016年“新作ゲーム紹介” まとめ

毎年恒例となったこの企画!
ゲーブラライター達の心に残ったゲームを紹介!



とびだせ どうぶつの森 amiibo+

 11月2日配信(パッケージ版11月23日発売) 3DS


tobimori161230

四年前に発売したゲームがまさかの無料アップデート!
さらに未プレイの人向けにも、お求めやすい価格で新発売しました。

別売のamiiboカードを使うことによって、
好きな住人を村に勧誘できるというシリーズファンにとっては夢のようなシステムが追加!٩( ᐛ )و
他にも、ふるさとチケットの換金で序盤のプレイが快適になっていたり、
これからはじめて遊ぶ人にも優しい作りになっています。

来年のゲームライフはどうぶつの森から始めてみてはいかがでしょうか(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

akican1246_icon.jpg



ポケットモンスター サン・ムーン

 11月18日発売 3DS

pokesanmoon161230

発売前情報ではZワザだったりジムが無く代わりに試練が追加されるだったりと、
いくつか不安要素がありましたがいざプレイしてみると全然問題無く面白かったです!

Zワザはここぞというときの必殺技として使えたり、
試練もユニークなものが多くて良かったです。
(ドラゴンの試練はちょっと手抜き感がありましたが…)

あとは今回も様々な新ポケモンが出ましたが、こちらもユニークなポケモンが多かったですね。
個人的にはルガルガン、ヨワシ、グソクムシャが好きで速攻で厳選育成しました!( ̄▽ ̄)

ということで、
待ちに待ったポケモン本編最新作のこちらを今年の推しゲーとさせていただきます。

kyaputenj_icon.jpg



Miitopia (ミートピア)

 12月8日発売 3DS


bandicam 2016-11-05 20-07-15-022

発売前はパッとしない・・・というか情報が少なすぎる!と思っていましたが、プレゼン兼紹介映像のドラマを観てもなんだかよく分からないゲームでしたね。(変なゲームであることは分かった

と、宣伝がいかんせん特殊すぎたように感じるMiitopiaですが、今年一の推しゲーにしたいと思います。
タンクトゥルーパーズ、桃鉄辺りと迷いましたが、Miiの出世も願って。


このゲーム、物語の登場人物の配役はプレイヤー任せ。Miiを自由に割り当てられるんですね。
主人公周辺のパーティ、街のモブ、重要人物、敵・・・全てMii。自分で選んだMii。
その自由度と人によって登場人物が違うという多種多様性に魅力があります。

タイトルBGMのコーラスはパーティMiiたちによるものなので、他の人のMiitopiaのタイトルBGMを聴かせてもらってもちょっと違ったりするみたいです。

気になる戦闘は主人公Mii以外は自動で行動する見守り型。プレイヤーの仕事は状態異常にかかったMiiを退避させたり、こっそりHPやMPを回復させたりすること。

戦闘には深く関与できませんが、拠点となる宿ではMii同士の部屋割りを考えて、人間関係をうまく運ぶことで自ずと戦闘にも有利に働いてきます。
食べさせる食料によってもパラメータが変わってくるので、見た目に似合わず深いですね。

ダンジョン数も結構なボリュームがあって、私も未だにクリアできていません。

とりあえず、触ってみないことには魅力がどうにも伝わらないと思うゲームなので、ぜひ遊んでみてください。

wakyairoiro_icon.jpg



ダークソウル3

 3月24日発売 XboxOne・PS4・PC


darksoul3_161230

今年はダクソ3よかったよ!

coma392_icon.jpg



ペルソナ5

 9月15日発売 PS4


p5_161230

今年も選出に悩みましたが、プレイを1から振り返って考えたところ
選ぶべきタイトルはこれしかないと思いました。
「ペルソナ5」です!

ゲームデザイン、ビジュアル、音楽、ストーリー
あらゆる点でハイセンスで完成度がとても高いです。

メニューだけでも一種のアートのような見栄えだし、
戦闘コマンドもコントーラに振り分けられているのでワンボタン操作で選択
できたりと、細やかな配慮が多い点も見逃せません。

シナリオは通常プレイで約80時間におよぶ内容ですが、
引き延ばした感は全くなく、最後まで引き込まれるシナリオを堪能できます!


個人的にダンジョンが長すぎると感じたりとかあったのですが、
ここまでくると、良し悪し感じるのはもはやちょっとした好みの問題でして、
作品を描き切るために必要なことは全てやっているんじゃないと思えました!

これだけ規模の大きなタイトルで、大きな粗がなく、
発売の地点で1つのプロダクトとして完成度の高いものを世に出せたことに拍手です!

発表から発売まで随分待たせれましたが、しっかり完成したものを贈るアトラスの
職人気質はやはりスバラシイと思った1作でした!
RPGを少しでも好きな方やってもらいたい!

sokusu16_icon.jpg



Pokémon GO (ポケモン GO)

 7月22日配信 iOS・Android


pokego161230

今年7月に配信されて以降、社会現象になったスマートフォン向けのゲームアプリです。
本編のポケモンではバトルよりもポケモン収集が好きで、
よく外出するので、個人的にぴったりなゲームだと思います。

専用デバイス Pokémon GO Plusを使えば、
画面を見ずにポケモンを捕まえたり、アイテムを拾ったり、
スマートフォンをスリープ状態にしても歩数が反映するので、プレイがはかどります。

Pokémon GOをプレイしている方、全員にPokémon GO Plusをおすすめします。
みなさんも安全に節度を持って Pokémon GOを楽しみましょう。

dai_hoshi0316_icon.jpg



星のカービィ ロボボプラネット

 4月28日発売 3DS


WVW69jUCVNccTI5XBH

今年、終わりまでプレイし尽くしたゲームは正直に申すとあまり多くないのですが、
EDまで見たゲームの中で一番推したいゲームは「星のカービィ ロボボプラネット」です。

…実はこのゲームについては、「ひとくちインプレッション」で一度語ってしまいましたし、
後日ユウトさんが投稿するであろう記事でもレビューしています笑
なので、今回はその2つではあまり触れていなかったことを書きます。。

ひとくちインプレッションの方もぜひ見てください。


このゲームは一通りプレイしてもかかる時間は短く、
最近のゲームの中ではボリュームは少なめなのかもしれません。
ですが、ゲーム体験はかなり濃密で、次々と新しい要素・ギミックが登場するので
途中で飽きを全く感じませんでした。

最近、ゲームを積むことが増えてきたので、
この手のゲームはありがたいなぁと思う次第でした。(


忙しいけど本格的で濃密なゲームをやりたい!
という方には勧めたいです!
もちろんシリーズファンも満足できる内容です!

hiemizu_icon.jpg



初音ミク Project DIVA Future Tone

 6月23日発売 PS4


mikudivaft161230

DIVAシリーズ好きとして待ち焦がれていた大作タイトルでした!
とにかく収録楽曲が多いこと多いこと。まず間違いなく8,000円の元は取れます。

シリーズが初めてという方も、
キャッチーな曲から始めてみれば知らない曲もきっと好きになるはず!
そして相も変わらず自分は八王子Pの曲ばかりやってしまう…

次回作はしばらく先になると思いますが、シリーズ集大成として末永く遊べます!

sega_poke_new.png



テイルズオブベルセリア

 8月18日発売 PS4・PS3


berseria161230

今年も色々遊んでは途中で投げちゃったり、未プレイで積んだり、相変わらずでした。。
そこで、他のライターに被らないタイトルとして思い出したのが、本作。

春から夏に掛けて、新作ゲームをほぼ何もプレイしていない期間がありました。
夏に発売されたこのゲームも、当初はまったくもって興味が無かったです。
 (テイルズシリーズ未プレイというのもあり、敷居が高かったので・・・)

ところが、ライターのぽけさんや友達からもお勧めされちゃって、
そこから何となく始めてみました。

純粋に久しぶりに遊んだRPGは、とてつもなく面白く感じました。
テイルズだからこそ出来る、キャラクター達の会話シーンのジワジワ来る楽しさ

バトルでは、頭を空にして直感で操作してもサクサク進める難易度
もちろん終盤にかけては、難しくなって来てそこそこの戦略性も問われる辺り、
やっぱりRPGはいいなぁと、思いました。

masa_arumi_icon.jpg



ファイナルファンタジーXV

 11月29日発売 XboxOne・PS4


ff15_161230

今年の年末商戦は大作ラッシュで久々にコンシューマーゲーム界が盛り上がりましたね!
そのなかでも一押しなのは、ファイナルファンタジー15

FFシリーズのナンバリングの最新作ということで、とても気合の入った作品になっていました!
レビューはまた後日上げますが、なんといってもこのゲームのポイントは自由に旅ができるという部分です。

ちなみに、ユウト33は今までFFナンバリングは1と14しか遊んだことがなかったので、
今年、最新作が発売する前にFF10とFF13を遊びました。

FF10は名作として評価も高いですが、FF13はなにかと批判されることが多いゲームだったと思います。

よく言われるのが、FF13は一本道ゲーで映画を見ているようだ、というもの。

このFF13と比べると、確かにFF15はストーリーだけでなく、
様々な寄り道要素が用意されている
ので、自由気ままに旅をしている気分を味わえました。


(ちなみに、今年一番プレイ時間が多いゲームは圧倒的にスプラトゥーンです)

yuuto33_icon.jpg