setsuna_logo


以前ゲーブラで展開してきた、気になるイチオシゲームを紹介する
【推しゲー】コーナーですが、移転記念に復活します!

今回紹介するのは
2月18日発売予定のPSVita/PS4「いけにえと雪のセツナ」
スクウェア・エニックスの新作RPGです。

本作の情報と魅力をまとめてみました!

setsuna2

とりもどそう。ボクたちのRPG。

↑コレ、本作のキャッチコピーです。
過去のRPGを取り戻すために奮闘するという内容のゲーム…というわけではなく、

現代のグラフィック表現をしつつ、
90年代のような手触りが良質なRPGを目標に
開発された、スクウェア・エニックスの完全新作RPGです。

setsuna3

ATB制の戦闘システム

ATB(アクティブタイムバトル)を採用しています。
ざっくりいうと敵味方共に、ゲージがマックスになったキャラクターから
行動可能になるというシステムで、
リアルタイムでありながら、コマンド戦闘ならではの駆け引きが楽しめます。
ちなみに最初に搭載されたゲームは「ファイナルファンタジー4」です。

setsuna4

切ないストーリー

タイトル通りの「切なさ」がテーマの物語となっているそうです。
ヒロインはとある理由で、自らをいけにえとする儀式をする宿命にあります。
その儀式をするために、主人公は護衛をしながら儀式の地を目指すという、
なんとももどかしさを感じてしまいそうな物語になっていそうです。

自分自身、初見で楽しみたいのもあるので、
これ以上の情報は調べてませんw

setsuna1

ピアノ中心の音楽

ゲーム内BGMは、ほとんどはピアノのみで構成されています。
昔のゲームさながらの音数の少ないシンプルな曲が楽しめるほか、
雪の世界観にとてもマッチした試みに感じますね!

公式サイトのトップページで楽曲が流れていますのでチェックしてみましょう。



setsuna5

ゲームクリアーまでの時間はRPGとしては短めに設定されているようで
最近の重厚な内容で遊びきれないという人でも、
割と手軽に遊ぶことができそうです。

最後に、開発スタッフのインタビュー記事を紹介しますので、
気になる方は合わせて見ていただけたらと思います。

■とりもどそう、ぼくたちのRPG。スクエニ×TRFが『いけにえと雪のセツナ』を作った理由
■『いけにえと雪のセツナ』の魅力に迫る連載企画! スクウェア・エニックス社長の松田氏をはじめ、開発のキーマンへのインタビューも掲載【特集第1回/電撃PS】


インタビューでも語られている通り、
RPGの黄金時代で育った、RPG好きのクリエイターたちが手掛けた作品
となっていて、そういう人たちが新作を作ったら
どういう風に仕上がるのか、とても楽しみです!

「いけにえと雪のセツナ」
発売日:2016年2月18日
ハード:PS Vita / PS4
公式サイト

sokusu16_icon.jpg