ゲームブラザーズ

今知りたいゲーム情報から今夜聴きたいゲームミュージックまで幅広くサポートする多人数運営ゲーム総合ブログ

今知りたいゲーム情報から今夜聴きたいゲームミュージックまで。多人数運営ゲーム総合ブログ!

2012年05月

先日までユウトさんが担当していた「新作ゲーム紹介コーナー」でしたが、
今週からは私ポケがあらゆるゲームにいちゃもんを付けるコーナーとして姿を変えます((

その週に発売される中から"特に"注目のタイトルを数本紹介するコーナー!
毎週土曜日の定期記事として宜しくお願いします(´ω`)



■ ドラゴンズドグマ
dd.png

カプコンがモンスターハンターに続く狩ゲーを作ろうと模索した結果、
ワールドワイド展開を目論んだこのドラゴンズドグマを生み出しました。

開発環境・開発人数・開発資金ともに莫大なものとなっており、
これでコケたら・・・と考えると心臓がドグドグします(これが言いたかっただけ)

和製大作アクションとして、是非世界的にヒットしてほしいですね。

ドラゴンズドグマ(数量限定特典『バイオハザード6』体験版用DLコード同梱)ドラゴンズドグマ(数量限定特典『バイオハザード6』体験版用DLコード同梱)
(2012/05/24)
PlayStation 3

商品詳細を見る



■ マリオテニスオープン
mto.png

新キャラとして松岡修造さん(タイプ:オールヒート)も参戦!(無いです
Wi-Fi対戦を搭載しており、3DS対戦ゲームの新たなスタンダードになりそうです。

下画面タッチでショットを打ち分けたり、シリーズ初要素が目白押しとなっています。
GCクオリティーが携帯機で遊べるように(再現出来るように)なったことに感動・・・

今回もロングヒットが狙えるのか?! 注目の1本です( `・ω・´)

MARIO TENNIS OPEN (マリオテニスオープン)MARIO TENNIS OPEN (マリオテニスオープン)
(2012/05/24)
Nintendo 3DS

商品詳細を見る

z_4.png


004.jpg

■ポイソフト、3DSDLソフト『夜の魔人といくさの国 ~さまよえるヴァンピール~』を発表!

『ひゅ~ストン』、『タケヤリマン』と3DSDL市場に意欲的なソフトを提供し続ける「ポイソフト」の新作が発表されました!
今作はWiiウェア『王だぁ!』の続編位置づけのシミュレーションゲーム。

主人公の「バンパイア」となり、プレイヤーの自由に生きていきます。この「自由度」が本作のウリらしいです!
世界を滅ぼしてみたり、ちまちまと金稼ぎとかやる感じでしょうか?(笑)(※勝手なイメージですw)

2012年5月30日発売と、発売も近いですし続報も楽しみですね!価格は700円です。
低価格でどこまで作り込まれているのか、注目です。



■今週のニンテンドーeショップ新着情報 <ミニ>

今週は情報が少なかったのでこの記事で簡単に書いておこうと思います。
今後も少ない時はこのようなスタイルでやろうと思います。

来週発売ソフト
(GB)カービィのきらきらきっず 400円
(3DSDL)ニコリのパズル 四角に切れ 500円


■『カービィのきらきらきっず』は、カービィとその仲間たちが活躍するパズルゲームです!

新着映像

・『カルドセプト』 1からはじめるカルドセプト第3話「領地の奪い合い」
・『零~眞紅の蝶~』 ストーリー映像



■1からはじめるカルドセプトは今回でラストらしいです。
がっぽりニッキーさんカルド・セプ子さんの出番終了はちょっと寂しいですね^^;
■『マリオカート7』、『モンスターハンター3G』の更新データが配信開始されたので、
ソフトをお持ちの方は更新しましょう!


z_5.png

先日のユウトさんの記事に触発されて、自分も同じようなネタで書いてみます(笑)

4人対戦のゲームは数え切れないほど世に出回っていますが、
その中で「ポケのお勧め 4人対戦ゲーム」を紹介!(レトロゲーム率高いです)

■ ドンキーコング64
dk64.png
箱庭アクションの金字塔といえる、64時代の4人対戦ゲームとして最高の逸品。
逃げ回るのも良し、川に潜って泳ぎ回るのも良し、自由な戦法で楽しめます!

ドンキーたちの挙動がとっても愛らしくて、眺めているだけでも楽しかったなぁ。
僕のゲーム人生でこれほどまでに腹がよじれるほど笑ったゲームはないですw

4人対戦のスタンダードを確立させたレア社にありがとうを送ります!

■ 大乱闘スマッシュブラザーズDX
shuugo.jpg
個人的に初代・XよりDXが好きでした。プレイ時間も圧倒的にDXが多かった。
キャラ選択画面の各々のイラストがどれもカッコ良かったんですよね...///(

当時はファルコン使いだったので、「ショーヤムーン」と真似ながらプレイしていました(笑)
今も昔もアクションゲームは苦手でいつも負けっぱなしでしたが本当に楽しかったw

ゲームの上手・下手の隔たりを取っ払って遊べる敷居の低さは流石スマブラ!
次回作にも期待が高まりますが、桜井さんには少し休んでもらいたい・・・w

■ F-ZERO X
x.png
超高速バカゲー(良い意味で) 中毒性の高さと難易度の高さがもう凄い。
無理ゲーと言いたくなるコースばかりで、並々ならぬ任天堂の本気を感じますw

そんなコースも何度も練習すれば、スッと走れるようになるから驚きです。
その硬派さに惹かれて中毒になる方が、あの当時僕の周りで続出していました(笑)

続編の話が音沙汰無しですがこれは一体・・・。セガさん何とか頼みますよー!
WiiUで新作を出して頂ければ、全国のエフゼラーの方々が大喜びですw


【結論】64とGCは4人対戦のためにあるハード((

z_4.png

以前1人のライターの方が書いてましたが、
やはりここゲーブラには

しるし

とあるので、自称ゲーム音楽(主に任天堂)が大好きな僕が、ゲームミュージックのことでも書こうかと思います。



最近は読書のお供にゲーム音楽を聴いているのですが、ゲームの出来なかった震災当初から携帯で聴いていたものがありまして・・・

任天堂ゲームミュージック ベストコレクション←こちらですね。

ニコニコ動画で公開されている動画なんですが、アップしているユーザーさんの選曲が素晴らしくてハマってしまいましたw(もちろん初めて聴いたものもありましたが

元々色々なゲーム音楽を聴いている方で、任天堂系のゲーム音楽に結構詳しいようです。

現在はVol.14まで公開されていて、Vol.20まで続けるらしく、扱いハードはWii、DSまでとのこと。



ということで、そんな任天堂ゲームミュージック ベストコレクションにも使われている曲の中からお勧めを3曲ほどピックアップ!(曲のURLは全てYouTubeです。




ファイアーエムブレムのテーマファイアーエムブレムシリーズより)
好調な覚醒のおかげで今ノリに乗っているファイアーエムブレムのメインテーマです。

実は初代暗黒竜と光の剣が発売した当時のCMでは、日本語版の歌詞つきでゲーム内容が歌われていました。

現在では歌詞つきを聴く機会は滅多になくなりましたが、スマブラXではラテン語バンブラDXでは曲に合わせて歌詞を見ることが出来ます。
で、その歌詞の内容ですが「♪ファイアーエムブレム 手強いシュミレーション やりはじめたら眠れない」から始まり「♪誰一人として死なせはしない」とシリーズの醍醐味である失った仲間は帰ってこないシステムについても歌われています。




MOTHER裏大乱闘スマッシュブラザーズDXより 原曲:MOTHERより)
MOTHERシリーズと言えば、物語もさることながらBGMも評価が高く、英語、日本語などで歌詞のついたサントラも発売されています。
こちらの曲はスマブラDXのアレンジMOTHERよりPollyannaのアレンジです。

とりあえず・・・この曲大好きですw




モンキーラップドンキーコング64より)
ドンキーコング64のオープニングで流れる曲です。とりあえず、英語だってことはわかると思いますが、ちゃんと個々のキャラクターについて歌っていて、中学英語で分かるような内容も多々ありますw

それにしても・・・当時はかなりびっくりしましたね。レア社の作るゲームは世界観が独特すぎて好きです・・・w



ということで、3曲。
もっともっと紹介したいんですけど、長くなるのでまたの機会に。

気になったら、ぜひぜひ聴いてみてください!

z_7.png

ファイアーエムブレム 覚醒ファイアーエムブレム 覚醒
(2012/04/19)
Nintendo 3DS

商品詳細を見る

バリューセレクション MOTHER 1+2バリューセレクション MOTHER 1+2
(2006/02/02)
GAMEBOY ADVANCE

商品詳細を見る

ドンキーコング64ドンキーコング64
(1999/12/10)
NINTENDO 64

商品詳細を見る

しばらく他のライターさんに記事を任せてしまって更新していなかったので、yuuto33が久々に更新します。

尚、その週の新作ゲームを紹介するコーナーは消滅させました。m(__)m
紹介したい新作ソフトがあったら、各ブログライターさんが紹介してくれるでしょう!(他力本願)



今回は、yuuto33が遊んだシミュレーションゲームの中で、お勧めのものを何個か紹介します。


■ファイナルファンタジー タクティクス
日本でシミュレーションゲームというと、こういうタクティクス系のゲームが挙げられることが多いですよね。
このゲームは、シミュレーションRPGの中でも最高峰の売上げを記録しているそうです。

もちろん内容も、とても面白かったです!
各ジョブごとに戦略面での個性がはっきりしていて、マップの高低差も激しいところが多いので、とても戦略的に遊ぶことができます!
SRPGの中で、戦闘システムは一番好きなゲームです。


■牧場物語 やすらぎの樹
牧場物語シリーズは好きですが、中でもやすらぎの樹が好きなので紹介します。

このゲームで一番良かったと思うのは、のんびりとした雰囲気です!
ここまでのんびりとした雰囲気を楽しめる生活ゲームはやったことがありません。(笑)
マップもやや広めで、とても自由に楽しめるゲームでした!


■シムシティ4 DX
街開発シミュレーションゲームで有名なシムシティシリーズですね!
とくにクリア目標とかは無く、ただひたすら街を作っていくゲームですが、とても中毒性が高いです。

この前も夜9時くらいにシムシティを始めたら、いつの間にか日をまたいで午前3時半になっていたということもありましたし…(実話)


■A列車で行こうDS
街を作るというのはシムシティと同じですが、こちらは鉄道の整備がメインです。
DSなので、PC版のA列車シリーズと比べるとボリュームが少ないのですが、中毒性は同じか、もしくはそれ以上あります。(笑)
A列車シリーズを始めて遊ぶ人は、間違いなくDS版の方がはまると思います!


■ザ・シムズ2
人生シミュレーションゲームです。
ゲーム内の人間(シム)たちに指示を出して、人生を導いていきます。

家を作ったり、家具を自由に配置したり、装飾したりと、とても自由にカスタマイズすることができるのも特徴です!

シムたちは睡眠や空腹、トイレ、清潔度、面白さなど、様々なパラメータを持っているので、全てのシムたちの欲求を良い状態で保ち続けるのは、なかなか大変です。
このゲームは追加データセットが豊富で、それを購入していくことで遊べる機能がどんどん増えていくので、なかなか飽きません!

z_1.png

このページのトップヘ