bandicam 2018-03-26 20-18-45-492



一時代を築いたWiiのネットショップ「Wiiショッピングチャンネル」のサービス終了が迫っています。


終了スケジュール↓
Wiiポイントの追加 終了日時
2018年3月27日(火)4:59

Wiiウェア・バーチャルコンソール・Wiiチャンネルの購入終了日時
2019年1月31日(木)14:59


困ったことにWiiショッピングチャンネルでしか買えないソフトが多々あり、その中でもWiiウェアは全てが買えなくなるという今世紀最大の困惑。もはや災害。
その他、WiiUでは配信されていないバーチャルコンソールも購入を逃すと、別なサービスで配信されない限りは二度と遊べなくなってしまいます。

アーケード系は最近スイッチでハムスターというメーカーさんが頑張ってくれているので、いつかは同じタイトルが配信されるかもしれませんが。


と言うことで、ポイントの追加が終了すれば実質購入も出来なくなるので、前日という急すぎる展開ですが任天堂Wiiウェア全てを ザックリ ご紹介します。
ただ、今から前々世代のハードのソフトを購入するのは勇気が要るでしょう…と言うことで、包み隠さず思ったことそのまま書きます。結果的に購入意欲が下がるソフトもあるかもしれませんが、読んでてそう思ったソフトは今回は心苦しいですが見送りましょう…。逆はもちろん買って。



そのゲームが二度と遊べなくなるかもしれない」というのは、ネットサービスだからこその現象で現代ならでは…。
配信専売である以上、中古が出回ることはまずないので、後悔のないよう残高だけでも投入しておくのが良さそう!



Wiiウェア

 
任天堂(ポケモン含む)から配信されているWiiウェア一覧です。
今回はこれらしか紹介できません。悪しからず。



・Dr.MARIO & 細菌撲滅
WiiUでは藪医者のDr.ルイージ活躍してて、3DSでも特効薬版が開発されてるので、特段Wiiウェア版を勧める理由はありません。ただ、あなたがマリオファンなら買っておかないと数年後後悔するでしょう。


・みんなでパズループ
DSで発売された瞬間爽快アクションパズルゲームの「パズループ」の据置機版。テレビを前にみんなで遊べるのが特徴。まあまあ面白かったけど、ビジュアル面で寂しすぎて爽快感は薄れた印象。
ちなみに、なぜか頭のおかしい方向に進化した行列ナゲループっていうシリーズ3作目が3DSで配信されています。そっちはバカゲーとしてもお勧め。


・役満Wii 井出洋介の健康麻将
マージャンを簡単に遊ぶなら!と言いたいところですが、マージャンはなんだかんだで任天堂の得意分野。役満DSなどを買ってマリオ達と楽しく遊ぶ方が個人的には○。井出洋介さんファンならぜひ。
ちなみに、DSiウェア版もあります。


・通信対局 早指将棋三段/通信対局 囲碁道場2700問/通信対局 ワールドチェス
3本まとめて。通信対局シリーズとして配信された3本。
タイトルにある通信がニンテンドーWi-Fiコネクションのサービス終了に伴って全く価値がなくなってしまいました。


・カタチのゲーム まるぼうしかく
まる、ぼう、しかくの形を題材にしたパズルゲーム。
DSにソフトをダウンロードさせることが出来るWiiウェアの中でも画期的なソフト。パズルゲームも歯応えがあってお勧め。
ちなみに、"しかく"のみをシングルカットしたDSiウェアが「燃やすパズル フレイムテイル」と名前とビジュアルを変えて配信されています。そっちもチェックしてね。


・きみとぼくと立体。
Dの食卓などで有名な飯野賢治さんの復帰作であり、同時に遺作となったゲーム業界的にも強く印象に残った作品。
立体にニンゲを乗せニンゲたちが落ちないようバランスをとるゲーム。ビジュアル面でも音楽面でもどことなくArt Styleシリーズに似ている。
上述した理由とゲームの面白さからもぜひ買っておきたい1本。


・あそべる絵本 とびだスゴロク!
今ではメトロイドでお馴染みの田邊さん等が関わったすごろくゲーム。パーティゲームという意味でも貴重なWiiウェア。ぜひぜひ。
ちなみに、あそべる絵本シリーズとしてDSiウェアに「あそべる絵本 マインドテン」が配信されており、こちらはトランプゲームダウトのような心理戦が楽しめるゲーム。


・グーの惑星
独特な世界観が一度観たら忘れられない2D Boyが手掛けるグー達を繋げてゴールを目指すパズルゲーム。
スイッチでフライハイワークスが配信している他、他ハードでも配信されいてるのでWiiウェアにこだわらなければ急ぐ必要はない。


・あそぶメイドイン俺
ネットサービスが終了している今、いろんな人の投稿作品を遊ぶことは出来ないけど、メイドインワリオ新作としても購入価値あり。
DS版との連動もあり、なんだかんだで今でも楽しめる。


・ArtStyleシリーズ:DIALHEX/CUBELEO/ORBITAL/Lightstream/PENTA TENTACLES
5本まとめて。
シンプルな画面の中に広がる色彩豊かなビジュアルとどことなく芸術的・幻想的なBGMを推しているまさしくアートな作品群。一部はGBA版からの移植。
左からダイアルヘックス、キューブレオ、オービタル、ライトストリーム、ペンタ テンタクルズと読む。
菱形のステージ内で同じ色のブロックを繋げて消していくダイアルヘックス、箱を繋げて消していくキューブレオ、惑星を操り自身の惑星をゴールの衛星とするオービタル、高速で走る線を操るレースゲームのライトストリーム、触手を操りノルマの長さにまで成長させるペンタテンタクルズ。

いずれも観て聴いて触って楽しめる作品として非常にお勧め。Wiiウェアという形態だからこそ出来たであろう芸術作品。


・ポケモン不思議のダンジョン めざせ!光の冒険団/すすめ!炎の冒険団/いくぞ!嵐の冒険団
ポケダン新作としての価値あり。いずれのバージョンでも物語に差はないけど、最初から使用できるポケモンが異なります。


・ロックンロールクライマー
ロッククライミングを題材にしたゲーム。何でロックンロールなのかは遊んでも分からないバカゲー。
バランスWiiボードが使用できる珍しいWiiウェア。
次に掴む場所を模索している際の関節の曲がり方がエグい。


・530エコシューター
ゴミを使ったシューティングゲーム。キャラクターは自動で歩いて行く自動進行型のFPS。
撃って回収してリサイクルして弾補給を繰り返しを行いながら闘うので、乱射するとちょっと困っちゃう。


・エキサイトバイク ワールドレース
エキサイトバイクの新作として配信されていました。世界中各地を題材にしたコースが楽しめるレースゲーム。
ファミコン版エキサイトバイクをそのまま進化させた良作。ただ、なんだか全体的に見た目が単調。


・アクアリビング ~テレビでながめる魚たち~
水槽で魚を飼う行為が疑似体験出来るゲーム。正直なところ、Wiiのフォーエバーブルーシリーズで似たようなことが出来る…。
水槽の内装とか凝れるのは良かった。


・盆栽バーバー
盆栽というよりも植物たちの葉っぱを要望通りにカットしていく理容室ゲーム。
人が題材だと丸坊主にするというイタズラもインパクトがあるけど、野菜が相手だとそうも思わず黙々と遊んでしまう。


・ラインアタックヒーローズ
最近だと3DSソフト「エヴァーオアシス」を作ってたグレッゾの作品。ピクミンのように引き連れている仲間がそのまま武器の威力、サイズに反映されるアクションゲーム。
その独特なゲーム性とWiiリモコンを活用したアクションが馴染んで面白かったです。


・すりぬけアナトウス
高速で進むブロックがぶつからないよう穴に合わせて回転させていくパズルゲーム。
回転軸はXYZ軸。3次元回転で意外と頭を酷使するゲーム。
続編として3DS版「疾走すりぬけ アナトウス」が発売されていて、こちらはストーリーモードもあります。


・ペンギン生活
ちびロボ!、キャプテン★レインボー等独特な作風でお馴染みのスキップの作品。
謎のペンギン、ペ・ヨンギン指導でペンギンたちと仲良くなっていくコミュニケーションゲーム。
究極の癒しであるペンギンたちとただただ邪魔でムカつくペ・ヨンギンに腹を立てるゲーム。


・乱戦!ポケモンスクランブル
手軽にポケモンバトルが楽しめるアクションゲーム。基本ボタン連打で進めるのでポケモン初心者や子供にお勧め。
WiiUでは1本、3DSでは2本が同シリーズとして発売、配信されています。


・みんなのポケモン牧場(プラチナ対応版含む)
いわゆるポケモンボックスの拡大版。預けたポケモンで遊べたりするメリットがありましたが、プラチナ世代にのみ対応しているので今から遊ぶのはちょっと難しい。
ネットサービス中はアンガールズなど特別なMiiが遊びに来たりしました。
ちなみに、ある条件を満たすとミュウが手に入る珍しいソフトでもあります。



終わり。

何度でもお知らせしますが、Wiiショッピングチャンネルが終了するとWiiウェアは別なサービスで再配信が行われない限り
二度と、未来永劫、永続的に、いつまで経っても
遊べなくなります!


任天堂系列しか紹介しませんでしたが、この他にもたくさんあります!よく考えて買ってください。


75a855b5.jpg