gameranking181008

無双OROCHI 3 ほか新作ラッシュでランキング総入れ替え!

毎週更新のゲームランキング▼ 期間: 2018年 9月24日~9月30日
今週は、どのゲームがランクインしたのでしょうか。



2018年9月24日〜9月30日のゲーム売上ランキング

(メディアクリエイト調査)
順位機種ゲームタイトル販売本数
1PS4無双OROCHI 3(限定版含む)100,831
2PS4英雄伝説 閃の軌跡IV -The End of Saga-(限定版含む)85,161
3PS4FIFA19(限定版含む)57,772
4SW無双OROCHI 3(限定版含む)23,660
5SWドラゴンボール ファイターズ23,202
6PS4マーベル スパイダーマン(同梱版含む)22,751
7PS4うたわれるもの斬(限定版含む)21,316
8SWFIFA19(限定版含む)16,200
9SWすばらしきこのせかい -Final Remix-14,216
10SWMinecraft13,483

は初登場タイトル


■ 今週の第1位 は...
第1位: PS4「無双OROCHI 3」 初週売上 10.0万本
第4位: Switch版 初週売上 2.3万本 (2機種合計売上 12.4万本)

前作、2011年発売「無双OROCHI 2」は 20.0万本ということで、
無双シリーズ自体の一時期の売上に比べると下がっているんですが、
今年2月発売のPS4「真・三國無双8」(初週11.7万本)もほぼ同水準と安定感のある売上になっています。

本作では、過去最高のプレイヤブルキャラクターが170人で、
「もっとも多い操作可能なキャラクターを持つハックアンドスラッシュゲーム」としてギネス世界記録に認定されるなど、話題になっています。



■ そのほかの新作ゲーム
第2位: PS4「英雄伝説 閃の軌跡IV -The End of Saga-」 初週売上 8.5万本

昨年発売された PS4「英雄伝説 閃の軌跡III」(初週 8.7万本)と同等の水準となっています。
本作で「閃の軌跡」シリーズが完結ということですが、
今後の新たな軌跡シリーズの展開はどのようになっていくのかシリーズファンは期待して待ちましょう。



第3位: PS4「FIFA19」 初週売上 5.7万本
第8位: Switch版 初週売上 1.6万本 (2機種合計売上 7.3万本)

近年、Eスポーツの中でも世界中で大人気のサッカーゲームですが、
昨年発売された「FIFA18」は今年9月時点で、全世界で2400万本以上の売上げるなど驚異的な数字をたたき出しています。
そんな中発売されたFIFA19も、依然と衰えを知らない売上となっています。
今年のワールドカップ効果で、遅れて発売されていたSwitch版FIFA18がじわ売れで10万本を超していたり、ということもあり、本作でも長期的な売り上げが期待できそうですね。



第5位: Switch「ドラゴンボール ファイターズ」 初週売上 2.3万本

今年1月にPS4で発売された時は初週 6.8万本でした。
その後、全世界で累計出荷本数が200万本を突破したことが発表されていましたね。

Switch版はやや低めの数字ですが、遅れて発売されていることもあり十分すぎる初動になっています。



第7位: PS4「うたわれるもの斬」 初週売上 2.1万本

「うたわれるもの」シリーズ最新作は、ゲーム性がガラリと変わりアクションゲームに。
手の込んだシナリオが魅力的なシリーズですが、売上はもっと行っても良さそうですが・・・。

同週発売の「無双OROCHI 3」といった新作ゲームが多く発売されており、
購入が分散されていることも考えると、本当にシリーズが好きなファンが購入した売上なのかもですね。



第8位: Switch「すばらしきこのせかい -Final Remix-」 初週売上 1.4万本

2007年発売されたDS「すばらしきこのせかい」がリメイク。
本作が好きなファンや、気になっていたスイッチ購入者が購入した数字となっています。
隠れた傑作アクションRPGとしても巷で有名な本作、今後もじわ売れしそうです。


masa_arumi_icon.jpg