bandicam 2016-06-15 20-26-43-179




今年は日本向けには映像配信は行わず、NX関連情報もなし、さらにはゼルダとポケモン以外ないよ!
と事前にハードル下げてきたために例年にないほどの盛り上がりのなさを見せた任天堂のE3ですが・・・

私からおおざっぱに今回発表された情報についてまとめさせていただきます! 




ポケットモンスター サン・ムーン


既に情報は色々出ていましたが、新たに4人同時バトルが行えるバトルロイヤルなどが公開されました。

bandicam 2016-06-16 19-57-40-789
 
 
個人的に気になったのはマップの移動がXY、ORAS以上に自由度が高いこと。
歩くだけでも上下左右ではなく、スライドパッドの通りに歩けるようです。

その他、任天堂ホームページで公開されているトピックスでは新ポケモンも数匹公開されていました。

 



ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド


新作ゼルダのタイトルがついに決定!

今までは主要アイテムだったり登場人物がサブタイトルの名を冠していましたが、今回は世界観がサブタイトルになっていますね。

ゲーム性も大きく変わっているようで・・・

bandicam 2016-06-15 20-35-53-600
bandicam 2016-06-15 20-34-35-346


料理を作って体力を回復。


bandicam 2016-06-15 20-33-55-776
bandicam 2016-06-15 20-33-42-685
bandicam 2016-06-15 20-33-27-423


ところどころゼルダっぽさも残っているように感じました。

真ん中の画像はあの足がたくさんある敵のようにも見えますが・・・?


また、amiiboとの連動も発表されていて、ウルフリンクを呼び出すことが出来るようです。
新作ゼルダamiiboも登場予定。

 



マリオパーティ スターラッシュ

bandicam 2016-06-16 19-52-38-679


お馴染みマリオパーティことマリパの新作!

最近は毎度毎度ルールを変えてきてマンネリを防ぐのに必死な感じがしてしまっているマリオパーティですが、今回は4人同時に移動可能で、プレイヤーはキノピオとなってマップ上にいるキャラクターたちを仲間にしながらマップを進んでいくようです。

bandicam 2016-06-16 19-51-59-078
 


2Dアートワークをふんだんに使用しているようにムービーからは読み取ることが出来ましたが、新規アートワークも何点か見られ、マリオファンとしては既に嬉しい作品!

00000288_10

あわせてデイジーやワルイージのamiiboも発表されました。本当に良かったね!

 



エバーオアシス

bandicam 2016-06-16 19-51-36-423


完全新規RPG、エバーオアシスが発表されました。

タネビトという種族である主人公が水の精霊イスナと一緒にオアシスを発展させていくことが目的であるとのこと。

新規であるだけにまだまだ分からない点が多く、続報に期待ですね。ちなみに、開発元であるグレッゾはゼルダの伝説 時のオカリナ3Dとムジュラの仮面 3Dのリメイク2作に関わったメーカーです。

 



Pokémon GO


新情報と言うよりは画像を使ってこれまでの情報をさらに掘り下げるような内容でした。

身に着けることでスマートフォンを開かなくても遊べるPokémon GO Plusが7月末発売予定!

 



ペーパーマリオ カラースプラッシュ


bandicam 2016-06-16 19-47-55-606


まだまだ明確な点の少なかったペーパーマリオ最新作の映像が公開されました!

bandicam 2016-06-16 19-44-18-394
 
色を失ってしまったキノピオ、その謎に迫るためマリオが立ち向かうようです。思いっきり目の前に犯人いるように見えるのはこの際触れないでおきましょう。 
今回の相棒はバケツのような形のペンキー

ゲームの路線としては前作、ペーパーマリオ スーパーシールを引き継いでおり、各マップをクリアしていく形になっています。


bandicam 2016-06-16 19-47-15-750
bandicam 2016-06-16 19-46-45-901


相変わらずの暴走っぷりのモノカードも好きです。

RPGを期待している人からすれば完全に別なゲームとなってしまっていますが、個人的にスーパーシールの路線も嫌いじゃないので密かに期待しています。

シリーズ初のHD画質なので"紙"感もいつにもましてリアル!

 

以上、ザッとまとめました。

例年に比べて情報量は多くはないものの、新規RPGの存在が知れたり意外と収穫は多かったように思います。


75a855b5.jpg