ゲームブラザーズ

今知りたいゲーム情報から今夜聴きたいゲームミュージックまで幅広くサポートする多人数運営ゲーム総合ブログ

今知りたいゲーム情報から今夜聴きたいゲームミュージックまで。多人数運営ゲーム総合ブログ!

ゲーム雑記

今年の任天堂のE3では「Wii U」が主役でしたが、
「ニンテンドー3DS」の新作タイトルの続報も見逃すことが出来ません!

ここでは『ルイージマンション2』、『ペーパーマリオ(仮題)』、「Newスーパーマリオブラザーズ2』
の3タイトルを、徹底的に考察しようと思います!
ただ、1つ1つが長くなってしまうので、3日間に分けて更新しようと思います!

LuM1.jpg

■1つ1つを丁寧に作れらてそうな『ルイージマンション2』

海外版タイトルは『Luigi's Mantion:DARK MOON』と決まった『ルイージマンション2』
今回公開されたトレイラーでは見どころが沢山ありました!

先ず、新要素として部屋を覗いて「3DS本体」を窓に見立ててジャイロ操作をする要素が追加。
映像では部屋の中でお化けが様々な行動しているところを覗く事が出来ました。
もしかしたら『スーパーマリオ3Dランド』のように、覗く事でちょっとしたイイコトもあるかもしれない!?

LuM2.jpg

アクションの面でも、ファミ通さんの記事によるとAボタンで溜めてお化けの後ろから驚かす事で
より有利に吸い込めると言った駆け引きを楽しめるようで、ゲーム性の向上にも期待できそうです!

映像の最後でルイージがエレベーターに乗るシーンがありますが、ルイージの行動に人間味があって面白いですね!
特に、ボタンを連打しているシーンが筆者のお気に入りですw
このように、ルイージのリアクションを楽しむ要素もあります(笑)



一見こじんまりとしたゲームに見えてしまいそうですが、
前作と違いマンションが複数あったりボリュームアップを図っていたり、
上記で解説したような、丁寧な作り込みに期待できそうですね!

なお、今回公開されたトレイラーは、E3公式ページまたは↓のQRコード(eショップ)から見る事が出来ます!
eショップでダウンロードする映像は3Dでみることが出来ますよ!
2012y06m10d_221435814.jpg

z_5.png


今月からニンテンドードリームことニンドリのまとめ記事をこちらでも書くことにしました!
だいたい、毎月21日~23日に更新する予定ですので、ニンドリャーな方もニンドリャーでない方もよろしくお願いします。


P1000011.jpg


ニンテンドードリーム7月号ニンドリドットコム

表紙ポケモンB2W2マリオテニスオープン、そしてなぜかFE覚醒のスミアさんw
2年後のチェレン、ベル、Nが目立ってますね。

そして、付録ポケモンBW遊びつくしガイド。最近、ポケモンBを買い直した(前はWだったけど)ので、助かります。
2の発売も1か月後に迫ってきたので、この機会に久々につけてみては?個人的にはBWはレベル上げがしにくかったのが、唯一の不満点でしたけどね。

で、もう1つの付録ポスターマリパ9、FE覚醒の有料追加のマルス・ロイ・リーフ、ポケモンB2W2、イナイレの4点セット!
切り取りやすくはなったものの・・・やっぱり点線欲しいかなぁ。

さて、今月号ですがなんといっても、マリテニオープン、FE覚醒のインタビューが見どころ!
久々のキャメロットの高橋兄弟が登場です。キャラクターの候補とかも語られていて、ファンならなぜあのキャラがいないの・・・!なんてこともあるでしょうけど、候補に挙がってたならそれだけでも嬉しいものですよね。
ピンクヨッシーのQRコードも載ってるので、購入予定の方はニンドリも買っちゃった方がいいですよっ。

FE覚醒の方は、今作の作り込み具合が分かる内容のインタビューでした。特に、外伝で登場する子供たちはいなくてもクリアは出来る・・・ということで、キャラを濃くしたという点がなるほどなぁ~と。
1ヶ月経ったので、言っちゃいますがウード君は濃いですよね~w(血が騒ぐぜ




ということで、7月号のニンドリでした。
毎月書店で買ってるんですが、行く店舗全て1冊しかなかったり、1冊もなかったり・・・定期購読が出来るようになってから妙に書店で見かける数が減ってきた気がします。
読者が増えたならそれはそれでいいことなんですけどねw

とりあえず、購入はお早めに!値段は880円です。

z_7.png

Nintendo DREAM (ニンテンドードリーム) 2012年 07月号 [雑誌]Nintendo DREAM (ニンテンドードリーム) 2012年 07月号 [雑誌]
(2012/05/21)
不明

商品詳細を見る

bw2_1_convert_20120414205524.png

本日新たに情報が解禁され、益々盛り上がりを見せるポケモン最新作。
キャラデザがBWよりポップな雰囲気になったけど、デザイナー変更したのかな?

いろいろ想像が掻き立てられますが、今回は無謀にも
シナリオを予想してみます!


img_story_01.jpg

始まりの舞台は「ブラック・ホワイト」から2年後のイッシュ地方!
どうして凍りついてしまったのか、これがこの旅の核になりそう。

そしてブラックキュレム・ホワイトキュレムはゼクロム・レシラムの要素を
吸収もしくは変身でどう取り込んだのか、それも氷に覆われた原因に関わりそうです。


ここからは完全に僕の予想フローチャートです!(笑)

「ヒオウギシティから冒険スタート」

「最初の街でライバルと遭遇(その後何度も戦闘することに)」

「アクロマが何かしらのイベントで主人公を助ける(良い人っぽく見せる)」

「プラズマ団がまた企む」

「アクロマがプラズマ団の一部と知る。裏切り(ライバルが主人公に加勢)」

「N的なポジションのキャラが最終的にアクロマと一緒にダブルバトルで
主人公・ライバルと勝負」

「ブラックキュレム・ホワイトキュレムがイッシュ地方の氷を解く」

「ゲームクリア」


bw2_2.png

完全に妄想シナリオですが、2体のキュレムが大きく関わるのは間違いなさそう。
アクロマの謎の雰囲気が怪しいですが、良い人→悪い人に変わりそうな・・・?

発売まで2ヶ月に迫りました!今後の続報に期待して待ちましょう。


z_4.png

無題

今や超人気FPSゲームの「コールオブデューティ」シリーズ。この「Call of Duty Classic」は原点である2003年にPC向けに発売された初代CoDのPS3移植版です。

おそらくほとんどの人はPS3で初代CoDが発売されてたなんて知らなかったと思います。それもそのはず、「Call of Duty Classic」は北米・欧米のプレイステーションストアにしか配信されてないからですw
なので僕はわざわざ北米アカウントを作って、北米版プレイステーションネットワークカードを買ってダウンロードしました。

さて、前置きはこれくらいにして早速レビューに行きたいと思います。

■ストーリー
一通りクリアしましたが、最初から最後まで息の抜けない展開が繰り広げられてとにかく凄かったです!
ストーリーはアメリカ編、イギリス編、ソビエト編の合計26ミッションあります。
アメリカ編はやたらと戦車や車を破壊することが多かったですwあと車で逃走するミッションが結構ムズイですw
0.png
↑イギリス編は潜入ミッションが多かった印象がありますね。ちなみにCoDシリーズでおなじみのプライス大尉はこの救出ミッションから登場していますw
-----.png
↑ソビエト編は3つの中で一番戦争してる!って感じがします。特にスターリングラード攻防戦は某映画のオマージュもあってかなり燃えました!w

■システム
今のCoDと大きく違うところはまずライフ制ということですね。
今のFPSゲームはほぼ全部自然回復制なので、ごり押ししてもすぐに立ち直ることができますが、初代CoDは地面に落ちてるライフパックを拾わないと回復できませんw
なのでごり押しなんてしたら即死です( ⌒,_ゝ⌒)

■グラフィック
567.png
元々2003年発売だけあって、グラフィックは今のBO、MW3などと比べるとかなりショボく見えてしまいます。
でも一応HD画質なので個人的にはクッキリしてて見やすいと思いますね。

■操作性
000.png
基本は今のCoDと操作は変わりませんが、走れないのが少しストレスが溜まりました_(:3」∠)_
しかも普通はR1L1で狙い、射撃をしますが今回ははR2L2で狙い、射撃をするのでとても違和感がありますw
あとジャンプと姿勢変更も今のCoDと逆ですw

■やりこみ
「Call of Duty Classic」は一応トロフィー対応でしかもプラチナトロフィーもあるのでやり込みがいもあります!(といっても普通にゲームクリアするだけでほぼ全部取れちゃいますけどねw
そのトロフィーにベテランでクリアするというのがあるんですが、これがかなり鬼畜ですw
ベテランはライフパックが落ちてない(ようするに回復できない)のでノーダメで行かないとクリア不可能です。
一撃で仕留める技術と何回でもリトライする精神と運、この3つがないと多分無理ですw

09.png
とにかくCoDシリーズが好きな方は絶対プレイした方がいいと思います!
もしやってみたいと思った方は、体験版もあるので北米アカウントを作ってぜひダウンロードしてみてくださいヽ(・∀・)ノ

z_6.png

wk_110913bd01_convert_20120329120733.jpg



昨日からニンテンドーイーショップにて配信開始された『BRAVELY DEFAULT 体験版Vol.2 -絶望の勇者編-』
のプレイレポートをお届けします!

去年のニンテンドーカンファレンスにて発表された本作は、
「王道ファンタジー」をコンセプトに「AR機能」など、様々な挑戦をしている意欲作。
スクウェア・エニックスの完全新作RPGです!

前回は「AR機能」のみの体験でしたが、今回は主人公を操作することが出来ます。

DSC_0229_convert_20120329115817.jpg
DSC_0230_convert_20120329115943.jpg

グラフィックは水彩画のような雰囲気が出ています。
2Dの絵のような建物が立体に見えるのは、なかなか不思議な感覚です!

しばらくボタン操作をせずにいると、写真1枚目のような全体マップに。
3Dで立体感のある街は見応えアリ!製品版で他の街を見るのも楽しみになりますね!
朝と夜の概念がある事も確認。話せる人も変化するようですね~。


今回の体験版では、人々との会話と簡単なお使い程度しか出来ませんでしたが、
王道でかつ、独特な雰囲気を感じるには十分だと思いました!

あと細かいところですが、お金の単位が「円」である事に、妙にリアリティを感じました(笑)


■ARムービー
起動時のムービー後の事など、主人公に関するムービーでした。
専用のARカードが無いと遊べないので、公式サイトからダウンロードして下さいね。



ARムービー、そして上記に語った体験プレイはどちらにしろ「実機で見ない」と分かりずらい部分もあるので、
気になった方は体験版をプレイしてみてはどうでしょうか?

Vol.3以降も順次配信されるみたいです。そろそろ「戦闘」が気になるところですね!
<追記>今回の体験版にも戦闘シーンはあるみたいです。


z_5.png

このページのトップヘ