ゲームブラザーズ

今知りたいゲーム情報から今夜聴きたいゲームミュージックまで幅広くサポートする多人数運営ゲーム総合ブログ

今知りたいゲーム情報から今夜聴きたいゲームミュージックまで。多人数運営ゲーム総合ブログ!

ゲーム雑記


E3で公開された「ニンテンドー3DS」の新情報を振り返るコーナー。今回でラストです!
今回は『Newスーパーマリオブラザーズ2』です。
トレイラー映像と社長が訊くを参考に考察していきます!

マリオ2画像1

■コインを求めて繰り返し遊べるように

今回のマリオはとにかく「コイン」をこれでもか!というほど大量に入手することが出来ます。
新たな変身として「ゴールドマリオ」に変身することが出来、ブロックや倒した敵をコインに変えることができます。
1UPだけではなく、爽快感もさらにUPしていますね(笑)

これだけコインを入手する仕様については訳があって、社長が訊くによると
「100万枚」集めるのが最終目標と語っており、何度も飽きずに繰り返し遊べるモードも搭載されています!
そしてすれ違いでコインの枚数を自慢できますw

マリオ2画像2

今回は携帯機マリオ待望の2人プレイ対応です!
ただし、同じ画面から離れてはいけないので、いかに協力してプレイするかが大事になりそう。

マリオ2画像3

細かいところを見て行くと、マリオ3で登場した「しっぽマリオ」が再び2Dマリオで使用可能となります!
「Pゲージ」で飛ぶのはとても懐かしいですよね(笑)
また、ワールドに出ていたボスも登場しており、ワールドネタにも期待できそうです!

さらにマニアックなことを言うと、今回のマリオの挙動はDS版に近い感じで、
携帯機らしくサクサクとアクションを繰り出すこと出来そうですね!


今回参考にした映像はE3公式ページ、またはニンテンドーeショップにてダウンロード見ることが出来ます!
ダウンロードした映像は3Dで見ることできます。3D化した2Dマリオはとても新鮮でしたね!

2012y06m10d_233610420.jpg
↑ホームボタン長押しでカメラを起動し、QRのボタンを押す事で読み込めます。
z_5.png



E3で公開された「ニンテンドー3DS」タイトルの映像を振り返るコーナーです。
今回は『ペーパーマリオ(仮題)』です!

2012y06m10d_230536737.jpg

■戦闘も謎解きも「シール」がカギを握る!

今作ではフィールドの色んな場所で「シール」を入手することができるようです。
民家の壁や柵に貼ってあったり、草やブロックの中に隠れていたりなどなど、入手方法は様々!


今作の戦闘はどうやら「シール」を選んで戦うようですね。
どんどん選択して使い捨てる感じでしょうか?
詳しい仕様は分かりませんでしたが、たくさん集めておくと戦闘中に有利になりそうですね。
ペーパーマリオシリーズは毎回戦闘スタイルが凝っているところに意欲を感じて良いですね!

ペパマリe32


特定の場所で、そこに合うようなシールを貼ることで「謎解き」のような要素も見ることが出来ました。
そしてこのゲームは、上記画像のシーンのような、3Dの演出が凄いですね!
キャラクターが紙という世界観にマッチしていて、ひょっとすると一番3Dを活かせているゲームなのかもしれません!


今回参考にしたムービーはE3公式ページまたは、ニンテンドーeショップで映像をダウンロードすることが出来ます。
ダウンロードした映像は3Dで見ることが出来ますよ!↓のQRからどうぞ

2012y06m10d_230025501.jpg

z_5.png


今年の任天堂のE3では「Wii U」が主役でしたが、
「ニンテンドー3DS」の新作タイトルの続報も見逃すことが出来ません!

ここでは『ルイージマンション2』、『ペーパーマリオ(仮題)』、「Newスーパーマリオブラザーズ2』
の3タイトルを、徹底的に考察しようと思います!
ただ、1つ1つが長くなってしまうので、3日間に分けて更新しようと思います!

LuM1.jpg

■1つ1つを丁寧に作れらてそうな『ルイージマンション2』

海外版タイトルは『Luigi's Mantion:DARK MOON』と決まった『ルイージマンション2』
今回公開されたトレイラーでは見どころが沢山ありました!

先ず、新要素として部屋を覗いて「3DS本体」を窓に見立ててジャイロ操作をする要素が追加。
映像では部屋の中でお化けが様々な行動しているところを覗く事が出来ました。
もしかしたら『スーパーマリオ3Dランド』のように、覗く事でちょっとしたイイコトもあるかもしれない!?

LuM2.jpg

アクションの面でも、ファミ通さんの記事によるとAボタンで溜めてお化けの後ろから驚かす事で
より有利に吸い込めると言った駆け引きを楽しめるようで、ゲーム性の向上にも期待できそうです!

映像の最後でルイージがエレベーターに乗るシーンがありますが、ルイージの行動に人間味があって面白いですね!
特に、ボタンを連打しているシーンが筆者のお気に入りですw
このように、ルイージのリアクションを楽しむ要素もあります(笑)



一見こじんまりとしたゲームに見えてしまいそうですが、
前作と違いマンションが複数あったりボリュームアップを図っていたり、
上記で解説したような、丁寧な作り込みに期待できそうですね!

なお、今回公開されたトレイラーは、E3公式ページまたは↓のQRコード(eショップ)から見る事が出来ます!
eショップでダウンロードする映像は3Dでみることが出来ますよ!
2012y06m10d_221435814.jpg

z_5.png


今月からニンテンドードリームことニンドリのまとめ記事をこちらでも書くことにしました!
だいたい、毎月21日~23日に更新する予定ですので、ニンドリャーな方もニンドリャーでない方もよろしくお願いします。


P1000011.jpg


ニンテンドードリーム7月号ニンドリドットコム

表紙ポケモンB2W2マリオテニスオープン、そしてなぜかFE覚醒のスミアさんw
2年後のチェレン、ベル、Nが目立ってますね。

そして、付録ポケモンBW遊びつくしガイド。最近、ポケモンBを買い直した(前はWだったけど)ので、助かります。
2の発売も1か月後に迫ってきたので、この機会に久々につけてみては?個人的にはBWはレベル上げがしにくかったのが、唯一の不満点でしたけどね。

で、もう1つの付録ポスターマリパ9、FE覚醒の有料追加のマルス・ロイ・リーフ、ポケモンB2W2、イナイレの4点セット!
切り取りやすくはなったものの・・・やっぱり点線欲しいかなぁ。

さて、今月号ですがなんといっても、マリテニオープン、FE覚醒のインタビューが見どころ!
久々のキャメロットの高橋兄弟が登場です。キャラクターの候補とかも語られていて、ファンならなぜあのキャラがいないの・・・!なんてこともあるでしょうけど、候補に挙がってたならそれだけでも嬉しいものですよね。
ピンクヨッシーのQRコードも載ってるので、購入予定の方はニンドリも買っちゃった方がいいですよっ。

FE覚醒の方は、今作の作り込み具合が分かる内容のインタビューでした。特に、外伝で登場する子供たちはいなくてもクリアは出来る・・・ということで、キャラを濃くしたという点がなるほどなぁ~と。
1ヶ月経ったので、言っちゃいますがウード君は濃いですよね~w(血が騒ぐぜ




ということで、7月号のニンドリでした。
毎月書店で買ってるんですが、行く店舗全て1冊しかなかったり、1冊もなかったり・・・定期購読が出来るようになってから妙に書店で見かける数が減ってきた気がします。
読者が増えたならそれはそれでいいことなんですけどねw

とりあえず、購入はお早めに!値段は880円です。

z_7.png

Nintendo DREAM (ニンテンドードリーム) 2012年 07月号 [雑誌]Nintendo DREAM (ニンテンドードリーム) 2012年 07月号 [雑誌]
(2012/05/21)
不明

商品詳細を見る

bw2_1_convert_20120414205524.png

本日新たに情報が解禁され、益々盛り上がりを見せるポケモン最新作。
キャラデザがBWよりポップな雰囲気になったけど、デザイナー変更したのかな?

いろいろ想像が掻き立てられますが、今回は無謀にも
シナリオを予想してみます!


img_story_01.jpg

始まりの舞台は「ブラック・ホワイト」から2年後のイッシュ地方!
どうして凍りついてしまったのか、これがこの旅の核になりそう。

そしてブラックキュレム・ホワイトキュレムはゼクロム・レシラムの要素を
吸収もしくは変身でどう取り込んだのか、それも氷に覆われた原因に関わりそうです。


ここからは完全に僕の予想フローチャートです!(笑)

「ヒオウギシティから冒険スタート」

「最初の街でライバルと遭遇(その後何度も戦闘することに)」

「アクロマが何かしらのイベントで主人公を助ける(良い人っぽく見せる)」

「プラズマ団がまた企む」

「アクロマがプラズマ団の一部と知る。裏切り(ライバルが主人公に加勢)」

「N的なポジションのキャラが最終的にアクロマと一緒にダブルバトルで
主人公・ライバルと勝負」

「ブラックキュレム・ホワイトキュレムがイッシュ地方の氷を解く」

「ゲームクリア」


bw2_2.png

完全に妄想シナリオですが、2体のキュレムが大きく関わるのは間違いなさそう。
アクロマの謎の雰囲気が怪しいですが、良い人→悪い人に変わりそうな・・・?

発売まで2ヶ月に迫りました!今後の続報に期待して待ちましょう。


z_4.png

このページのトップヘ