ゲームブラザーズ

今知りたいゲーム情報から今夜聴きたいゲームミュージックまで幅広くサポートする多人数運営ゲーム総合ブログ

今知りたいゲーム情報から今夜聴きたいゲームミュージックまで。多人数運営ゲーム総合ブログ!

ゲームミュージック

不定期コーナーと化したゲームミュージックお勧め紹介です。僕のかな~り偏った好みによる紹介なのですが、どれもいい曲なのでぜひ聴いてみてくださいね。

今回は、前回の予告通りいつもと雰囲気の違う曲を3曲紹介したいと思います。
前回同様、曲名クリックでYouTubeに飛べます



零 ~月蝕の仮面~零 ~月蝕の仮面~
(2008/07/31)
Nintendo Wii

商品詳細を見る

ゼロの調律零~月蝕の仮面~ より)

女性の方が歌っているんですが・・・カッコいい!最初の始まり方はピアノで静かに始まるんですけど、とにかく後半の盛り上がり方がすごいです。カラオケであったら歌いたいですね~。

ちなみに、零シリーズ最新作「零~真紅の蝶~」が来週発売されます。こちらにもまた歌が収録されてるといいですね。



罪と罰 宇宙の後継者罪と罰 宇宙の後継者
(2009/10/29)
Nintendo Wii

商品詳細を見る

あの頃へ(ver.a) 罪と罰 宇宙の後継 より)

2曲目もシリアスな雰囲気のゲームからですが、こちらはプレイ済みで罪罰シリーズは大好きです!
64の頃は英語のフルボイスだったんですが、今作は日本語。あの頃へはエンディング曲です。

実は最近までこの曲名を「あの声」と覚えていて、ウォークマンにもその曲名で入れちゃってたんですよね~。
ローマ字で表記されていたので読み間違えてしまいました。

ver.aとありますが、実はver.bもありまして、違う方が歌っています。声を聴いた感じヒロインのカチに似てる気もするんですけど・・・どうなんでしょうね。

あの頃へは曲自体もいいですけど、曲名が好きですね。ゲームの物語とシンクロしてる感じが(ネタバレになるのでこれ以上は


ハカイ (罪と罰 宇宙の後継者 より)

罪と罰よりもう1曲紹介。
こちらは隠しエンディングで流れる曲です。出現条件等はもちろんネタバレになるので、実際にゲームで聴きたい場合は自力で頑張ってくださいw

曲名がこれまた物語とシンクロしてて・・・(泣
というのも、主人公が純粋な人間ではなく獣化出来るので力をコントロール出来なくなるんですよね。
詳しく言えないのがもどかしい・・・

曲もさることながらゲーム自体非常にお勧めなので、曲を聴いて気になった方はどうぞ。


ということで、雰囲気の違う曲・・・ということで、どれも普通に聴かされたらゲームミュージックだと気付かないですよね。
どちらのソフトもサントラ出してもらいたいですね。


では、また次回3曲紹介したいと思います。

wakyairoiro.png
零 ~眞紅の蝶~零 ~眞紅の蝶~
(2012/06/28)
Nintendo Wii

商品詳細を見る

Vol.2なんてつけちゃってなんだかコラム化させようとしてますが、今回もゲームミュージックお勧め紹介ということで皆さんに個人的なお勧めゲームミュージックを紹介していきたいと思います。

あくまでも、個人的なですので僕の好みになっちゃいますがその辺はご了承ください。

このコラムの名前・・・これでいいですよねw分かりやすいし
毎回3曲更新する記事として定着させたいと思いますw更新は不定期で!

じゃ、早速今回も3曲紹介したいと思います!(曲名をクリックするとYouTubeの方にとびます


esdigital_4902370512687.jpg
The valedictory elegy
バテン・カイトスⅡ 始まりの翼と神々の嗣子 より)

発売された当時小学生だった僕が見た印象では任天堂にしては変わったソフトだなぁと。それもそのはず、元は任天堂じゃないんですよね。
曲の方は勢いがあって好きです。なんかこう・・・動かなきゃ!って気持ちになりますよね。
後は、バイオリンだと思うんですけど、とにかく綺麗なのにも関わらず激しい!ドッスンさばくもそんな感じの曲でしたが、同じ理由でこちらも好きですね。



giftpia.jpg
astro
ギフトピア より)

これまたGCで異色なソフトです。
曲の方ですが、クリックしてもらえば分かると思いますが・・・なんとゲーム音楽関係者とかゲーム音楽を題材に・・・とかではなく普通にアーティストの曲を使っているみたいです。
もしかしたら、元々知ってるって人もいるのかな?
聴いてるとどこか懐かしい感じがして、あのピコピコ音もいいですよね。聴いてるとハマりますw

ゲーム内に実際に歌が使用されることは珍しくありませんが、実際のアーティストの曲をそのまま使用ってのは任天堂発売ソフトでは結構珍しいですよね。
ピクミンもストロベリーフラワーさんを起用していますし、ちびロボ!はCMでグリーングリーンという曲を使ってましたね。



xenoblade.jpg
ガウル平原
ゼノブレイド より)

何かと名作と話題なゼノブレイドからの楽曲です。未プレイですが、それでもこのガウル平原という曲名を耳にするくらいBGMの方も評価が高いソフトです。

とにかくこのソフト、フィールドを歩ってるだけで気持ちよさそうです。このBGMも壮大でなんだかスケールの大きいゲームがやりたくなってきますw

ゼノブレイドに関してはサントラも発売されていて、ガウル平原以外にも良曲はたくさんあるみたいです。



以上3曲紹介しました!
今回紹介したこの3曲、ある共通点がありまして・・・。

この3つのソフト全部未経験なんですw

僕の場合BGMを聴いてそのソフトが欲しくなるってことも少なくないんですが、上記の3つもそのパターンになりそうです。
ゼノブレイドに関しては発売当初からずっと欲しいと思ってたので、その内友達に借りてやってみたいと思います。


次回はまた3曲・・・今回とは毛色の違う曲を紹介したいと思います!

wakyairoiro.png

バテン・カイトスII 始まりの翼と神々の嗣子バテン・カイトスII 始まりの翼と神々の嗣子
(2006/02/23)
NINTENDO GAMECUBE

商品詳細を見る


ギフトピアギフトピア
(2003/04/25)
NINTENDO GAMECUBE

商品詳細を見る


Xenoblade ゼノブレイド(特典なし)Xenoblade ゼノブレイド(特典なし)
(2010/06/10)
Nintendo Wii

商品詳細を見る

以前1人のライターの方が書いてましたが、
やはりここゲーブラには

しるし

とあるので、自称ゲーム音楽(主に任天堂)が大好きな僕が、ゲームミュージックのことでも書こうかと思います。



最近は読書のお供にゲーム音楽を聴いているのですが、ゲームの出来なかった震災当初から携帯で聴いていたものがありまして・・・

任天堂ゲームミュージック ベストコレクション←こちらですね。

ニコニコ動画で公開されている動画なんですが、アップしているユーザーさんの選曲が素晴らしくてハマってしまいましたw(もちろん初めて聴いたものもありましたが

元々色々なゲーム音楽を聴いている方で、任天堂系のゲーム音楽に結構詳しいようです。

現在はVol.14まで公開されていて、Vol.20まで続けるらしく、扱いハードはWii、DSまでとのこと。



ということで、そんな任天堂ゲームミュージック ベストコレクションにも使われている曲の中からお勧めを3曲ほどピックアップ!(曲のURLは全てYouTubeです。




ファイアーエムブレムのテーマファイアーエムブレムシリーズより)
好調な覚醒のおかげで今ノリに乗っているファイアーエムブレムのメインテーマです。

実は初代暗黒竜と光の剣が発売した当時のCMでは、日本語版の歌詞つきでゲーム内容が歌われていました。

現在では歌詞つきを聴く機会は滅多になくなりましたが、スマブラXではラテン語バンブラDXでは曲に合わせて歌詞を見ることが出来ます。
で、その歌詞の内容ですが「♪ファイアーエムブレム 手強いシュミレーション やりはじめたら眠れない」から始まり「♪誰一人として死なせはしない」とシリーズの醍醐味である失った仲間は帰ってこないシステムについても歌われています。




MOTHER裏大乱闘スマッシュブラザーズDXより 原曲:MOTHERより)
MOTHERシリーズと言えば、物語もさることながらBGMも評価が高く、英語、日本語などで歌詞のついたサントラも発売されています。
こちらの曲はスマブラDXのアレンジMOTHERよりPollyannaのアレンジです。

とりあえず・・・この曲大好きですw




モンキーラップドンキーコング64より)
ドンキーコング64のオープニングで流れる曲です。とりあえず、英語だってことはわかると思いますが、ちゃんと個々のキャラクターについて歌っていて、中学英語で分かるような内容も多々ありますw

それにしても・・・当時はかなりびっくりしましたね。レア社の作るゲームは世界観が独特すぎて好きです・・・w



ということで、3曲。
もっともっと紹介したいんですけど、長くなるのでまたの機会に。

気になったら、ぜひぜひ聴いてみてください!

z_7.png

ファイアーエムブレム 覚醒ファイアーエムブレム 覚醒
(2012/04/19)
Nintendo 3DS

商品詳細を見る

バリューセレクション MOTHER 1+2バリューセレクション MOTHER 1+2
(2006/02/02)
GAMEBOY ADVANCE

商品詳細を見る

ドンキーコング64ドンキーコング64
(1999/12/10)
NINTENDO 64

商品詳細を見る

このページのトップヘ