ロゴ

Nintendo Direct @ E3ソフト考察
今回はマリオカート8についてお伝えします

予想、考察はあくまでも筆者独自のものですのでよろしくお願いします。


現時点での最新作は3DSで発売されたマリオカート7で、シリーズで唯一ナンバリングとなりました。
今作マリオカート8も7に続くナンバリングたいとるで、7はキリがいいからということでしたが、今回の8は反重力なども取り入れた8の字をしたメビウスの環のようなコースが登場することから、今作を象徴するものとして8がつけられたようですね。丁度8作目ですし。

以下出展映像に沿って紹介していきます。

10秒頃
キャラクターボリュームも増えてそう・・・!

まず目に入ってくるのは7では登場しなかったキノピコと後ろにはワルイージも。キノピコは消えたり出たりを繰り返していましたが、7では何故かワルイージ欠席だったので嬉しいですね。
ちなみに、キノピコもしばらく姿を見かけていなかったのでかなり久しぶりに登場になりそう。

それと、マリオカートWiiで登場していたバイクが復活してますね。

19秒頃
あのコースやこのコースがHD画質でよみがえる

こちらはマリオカート7にもあったパックンスライダーでしょうか。過去作のコースが登場するのはGBA以来定番となっていますが、今作でも健在のようですね。
他にも7のミュージックパークも映像には登場していました。

30秒頃
スクリューといいタイヤといいどういう仕組みなんでしょうね
一国の姫様が壁を走る姿もこの通り

タイヤが切り替わり反重力システムを搭載したカートに!これによって壁などを走ることも可能になるようですね。
任天堂のゲームでは似たシステムでG-ディフューザーシステムというものがありF-ZEROマシンやスターフォックスのアーウィンにも搭載されていましたが、まさかマリカーが吸収してくるとはw

これによりF-ZERO先輩の立場が危ういですが、うまく差別化してくれるのかな・・・。

56秒頃
当然バイクにもスクリューが

7から登場した水中走行ですが、今作にもあるようです。他にもジャンプアクション、グライダー、ミニターボなども引き継がれているようなので、まさにシリーズ集大成の作りになってそう。
7も集大成と言われてましたが

画像写真より
これが今回のスタンダードカート?
操作方法はこれ以外にも対応してそう

スタンダードカート、そしてWiiハンドルに対応していることが分かりますね。
画面の分割も上下だった仕様から左右になっているようです。

また、レース参加人数はWii同様12人であることも画像から読み取れますね。携帯機は8人、据え置き機は12人が標準になりそうな感じ。



毎ハード出ているマリオカートですが、ついにHD化したのでコースの背景とかも美しくなりそうですね。
ゲームパッドをハンドルに見立てた操作も楽しそうです。

マリオカート82014年春発売予定です!
z_7.png